• ABOUT US
  • WORK
  • RECRUIT
  • ENTRY MY PAGE
ENTRY MYPAGE
MENU

WORK 運営管理(企画)

ビルサービス事業本部 ビル事業企画部 事業企画担当 山﨑 麻佑子

最先端のICTを活用してNTTグループならではの運営管理を実現する。

当社らしいサービスを企画・開発・展開する

建物は、お客さまに使っていただいて初めて価値が生まれます。竣工までは数年、一方、建てられてからは、いまや100年。1世紀にも及ぶ長い期間、建物をどれだけ活かせるか、お客さまに価値をご提供できるかはプロパティマネジメントの力量次第です。適切なマネジメントによって初めて資産は価値が保たれ、また高められます。建物所有者に代わり資産の価値の向上・最大化を図るのがプロパティマネジメント(PM)業務です。しかし、PM業務は縁の下の力持ちのようなもの。なかなか他社との違い、特徴が出しにくい分野です。「NTT都市開発ビルサービスの取り組みは違う」、そう思っていただけるサービスとは何か、それを考え、お客さまにお示ししていくことが私の仕事です。

たとえば、ICTを活用したサービスの開発がそのひとつです。このサービスでは、お客さまは実際に現地を訪れなくてもウェブサイト上のVR(バーチャルリアルティ)のコンテンツで360度自由に施設を見学することができ、テナント募集時の入居者の早期決定に役立っています。ほかにも監視カメラの映像から人の動きを抽出し、動線が集中する重点管理箇所の割り出し、清掃作業へのロボットの導入、さらには、サーモカメラやドローンを使った点検業務の高度化・効率化。外部からの入館者に求めるさまざまな保安上の手続きも、ICTの活用によって大幅に効率化することが可能です。こうした、NTTグループである当社ならではの、また、お客さま志向を徹底する当社ならではの取り組みをさらに展開し、お客さまにアピールしていきたいと考えています。

写真

次の世代に胸を張って引き継いでいける空間を、愛着を育む。

オフィスで過ごす時間は自宅と同じくらい、ときにはそれ以上かもしれません。それをいかに快適なものにするか、それには、空間や設備といったハード面にとどまらず、ソフト面に着目した運営管理もお客さまに満足していただくうえで大切な要素です。CSアンケートを通じたお客さまの声の収集、ビルや地域の特性に応じたイベントの開催、お客さまどうしの交流の場の創造など、ご利用いただいているビルに一層の愛着を感じていただけるような企画を練り、この会社の管理でよかったと思っていただけるサービスをさらに充実させていきたいと考えています。当社のこうした取り組みをお伝えする情報媒体として広報誌『IGOCOCHI』を発行し、お客さまのお手元にお届けしています。

最近のことですが、うれしい出来事がありました。PM業務のICT化をテーマに、当社の最先端の取り組みをまとめて展示会に出展したときのことです。たまたま当社の親会社(NTT都市開発)の株主の方がそれを見てくださり、時代に即した意欲的な試みだと評価してくださったのです。また、その展示会がきっかけとなり、新たな業務の受注にもつながりました。私たちの発信した思いが、確かにお客さまの元に届いているという手応えを感じることができました。

私は、学生時代に建築を学び、まちづくりや設計に関心をもっていました。建物のPM業務ははじめての経験ですが、建てたあとからが、不動産会社の腕の見せどころだということを知りました。利用者のみなさんがビルに愛着を持ってくださることは、建物の価値を高める大きな要素です。

次の世代に胸を張って受け継いでいける空間、そして愛着を、当社らしいPM業務を通してつくりあげること――それが私の目標です。

写真